カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 273
昨日 : 780
今週 : 18999
今月 : 136155
総計 : 1732906
名所図会 巻1-09 宿院

宿しゆく


宿院
六月晦日 住吉御旅所也。

大寺の南壱町にあり。攝州せつしう住吉すみよし大明神の旅所たびしよ也。はう二町のにして、西には大鳥居ふとしく、東北をこしのをかといふ。こゝに二あり。北を楫取かんとり、南をたからぜんといふ。をかまへに、あけとりあけ瑞籬みつかきあり。毎歳まいとし六月晦日、荒和あらにこはらひには、しん輿こゝにみゆきありて、けいしゆし給ふ也。
[壬 二 集]
みな月のけふのさかひにみそきしてちとせをのふる神の宮人 家   隆
[六   帖]
みな月のなことの山の呼子鳥おほぬさにのみ聲の聞ゆる 読人しらす
[家   集]
すみしのなこしの岡のイニ田をつくり数ならぬ身は秋そかなしき 曽禰好忠
[夫   木]
しら露のなことのをかのうすもみちかつかつ秋の色やそふら 為   家
[千五百番]
六月みなつきのなこしのもりの夕すゝみみそきもまたぬ秋の下風 季   能
[夫   木]
みな月のなこしのもりの郭公こゑのかきりはこれにや有らん 資   隆
後京極殿説曰、こしのもり名所

今の宿院頓宮


宿院頓宮鳥居


宿院頓宮社殿

大道筋(紀州街道)宿院交差点の大燈炉
「左海」と刻まれています
宿院頓宮碑

「白夜の兎」群像
宿院頓宮は、住吉大神と大鳥井瀬大神をお祭りし、堺の鎮守の神として崇敬されています。
 御鎮座については不明ですが、堺荘が中世まで住吉大社の神領であったことや、頓宮前の飯匙堀は住吉大神の潮干珠を埋めた所で、その形が飯匙に似ていることから名付けられたとの伝承もあり、古くより住吉大社との縁が深く、住吉行宮・御旅所とも称されています。
 「堺鑑」に「此の地は住吉明神毎年6月晦日の御祓御旅所也」とあるように、この御祓まつりは今日では7月31日夜に大鳥大社から、8月1日には住吉大社から神輿を迎えて祭典を行っており、飯匙堀で摂津・河内・和泉三国の大祭として知られた有名な荒和大祓神事 が執り行われます。
 また住吉大神は海路平安の神として、例大祭には全国の漁師達が神前に数々の鮮魚を献じて、その年の大漁や、航海の安全等を祈願し、併せて魚を大浜で販売した伝統の堺大魚夜市が7月31日に行われます。
【出典:堺市設置の宿院頓宮案内板】

更新履歴
更新:2014年10月15日 21:15:33 今の宿院頓宮を追記
作成:2014年 8月13日 14:47:46 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻1-08/海會寺井
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻1-10/飯匙池