カレンダー
前月2017年 10月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 2719
昨日 : 8144
今週 : 19607
今月 : 58772
総計 : 1797958
名所図会 巻2-09 本御門跡御坊信證院

本御門跡ほんごもんぜき御坊ごばう信證院しんしようゐん


本願寺御門跡堺御坊ほんぐわんじごもんぜきさかいごばう

神明町の東にあり。文明年中、樫木かたぎ道顕だうけんといふものありて、わが居宅きよたくわけたう院を建立こんりうし、蓮如れんによ上人にけんず。道顕だうけんわが居宅きよたくより廊下ろうかをしつらひ、たゞち御境内ごけいないに入、日夜にちや参詣さんけいして、佛恩ぶつをんほうす。故に、樫木屋かたぎや御堂みだうともぶ。

本尊阿弥陀佛
本願寺第十二代、准如じゆんによ上人の作。みたけ、三尺壱寸四分。御足おあしうら判形はんぎやうありて、これをつくるとこくし給ふ。初の本尊は聖德太子の御作也。今、江戸築地つきち御堂みだううつし、安置せらるゝ也。

開山親鸞聖人影しんらんしやうにんのゑい
本尊の左の檀に安置す。れん如上人の筆。本願寺前住ぜんぢう上人ゑい聖德しやうとく太子影、法然ほうねん上人影、共に右檀みぎたんに安置す。

そもそも當院たうゐん開基かいきは本願寺第八代蓮如れんによ上人なり。此地に、初足利あしかゞ義氏よしうぢ四男しなん祐氏すけうぢといふ人ありて、父母ふぼ没後もつご薙染ちぜんして天王寺に住職ぢうしよくし、其後、本願寺第三代覺如かくによ上人にゑつして、一向いつかう専修せんしゆ念佛ねんぶつ行者ぎやうじやなり源光寺げんくはうじ草創さうさうす 前に見へたり。足利あしかゞ将軍しやうぐん尊氏たかうぢ同姓どうせい旧縁きうゑんによつて、寺地じち租税そぜいのぞき、封田ほうてん三百せきいるる。暦應れいをう年中、祐氏すけうぢ入道にうだう祐源ゆうげん没後もつご封田ほうてん蓮如れんによ上人にたてまつる。御堂みだう樫木かたぎ道顕だうけんいとなみて、蓮如れんによ上人を招請しやうじやうす。本堂及び書院しよゐん對面所たいめんじよとう美麗びれいにして、つる古法眼こほうげんふでくろ書院しよゐん探幽たんゆうぐは也。其外、毎々ごとごとは、多く竹隠齊ちくいんさい敬甫けいほふでにして、あゆ筆力ひつりよく真妙しんめうなり。画工ぐはこう規範きはんとする也。

信證院しんしようゐん
蓮如上人の号
廟堂べうだうみなみかたにして、中祖ちうそといふがくあり。礼堂らいだうがく丕承堂ひしようだうしよして、ともに、法如はうによ上人のふでなり。初蓮師れんし當院たうゐん僑居けうきよし給ふ時、契丹國けいたんこく詹仲和せんちうくはといふもの観音くはんをん示現じげんかうふ渡海とかいし、此に来り、蓮如れんによ上人の法水はうすい入し、德澤とくたくあをぎ、これぞ大悲だいひ霊告れいこう也とて歓喜くはんきし、帰国きこくのち謝恩しやをんため芳書はうしよをくる 今、本願寺にあり。又、彼國かのくに画圖ゑづけんず 隣寺同宗真宗寺の什宝とす。

今の本願寺堺別院


本願寺堺別院


山門


本堂


鐘楼


築地塀


御成門と太鼓楼


本堂大屋根遠景

更新履歴
更新:2014年10月27日 14:13:43 今の本願寺堺別院を追記
作成:2014年 8月19日 23:13:43 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻2-08/専修寺
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻2-10/神明社