カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 14
昨日 : 7456
今週 : 31197
今月 : 157266
総計 : 2066392
名所図会 巻2-10 神明社

神明社しんめいのやしろ


さかいしんめいのやしろ

神明町にあり。

祭神さいじん两太神宮りやうだいじんぐう
天武帝の御宇、白鳳年中の勧請なり。例祭まつり、六月十六日。九月十六日、けいす。毎歳、六月晦日の大祓おはらひに、住吉の神輿みこし、大和橋の南爪みなみつめよりはるかに海邊に出て、七度しつとはますぎて、宿院しゆくゐんに至る。土人曰、此神明の社前をさくる也とぞ。一説には、七だうはま高渚寺たかすてらありし時、こゝにて神供しんくうそなへしより、今に、其れいのこりて、きう地へ神幸しんこうありけるとぞ。两説りやうせつともけつがたし。いまだ、其實記じつきを見ず。

八幡宮はちまんぐう
本社の左にあり。其外、稲荷社、粟嶋あはしま社、霊符れいふ神の社あり。

更新履歴
作成:2014年 8月20日 9:05:39 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻2-09/本御門跡御坊信證院
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻2-11/經王寺