カレンダー
前月2017年 7月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 4722
昨日 : 6831
今週 : 4722
今月 : 186338
総計 : 1308089
名所図会 巻2-18 石地藏

石地藏いしぢざう

同所にあり。むかし、此地藏尊つねにしんするもの、深夜しんやに此所を通りけるに、盗賊とうぞく出てかたなをふり上くびを打おとすよと思ひ、正気を失ひたおれふす。程なく、夜明たれは、正気ついて、全身つゝがなし。辻堂を見れは、石地藏の御首、切たる如く飛出て、かの盗人のかうべあたり、打くだかれて死す。其時のあと、今、現在げんざいに拜まれ給ふ。世の人、くび切地藏と呼んて、いのるに霊験れいけんあらたなり。

今の首切地蔵

首切地蔵尊 全景 首切地蔵尊 近景

更新履歴
更新:2014年10月27日 15:36:00 今の首切地蔵を追記
作成:2014年 8月20日 12:36:22 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻2-17/聾井
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻2-19/戸立野