カレンダー
前月2017年 7月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 3255
昨日 : 8274
今週 : 11529
今月 : 193145
総計 : 1314896
名所図会 巻2-02 櫛笥寺

くしてら

車ノ町にあり。日蓮にちれん宗。又、本けう寺と号す。

開基日染にちせん上人
明応元年の建立也。櫛笥殿、本願ありて此寺をいとなみ給ひしゆへ、名にぶ。

今の櫛笥寺


櫛笥寺


本堂

具足山櫛笥寺は、明応元年(1492)櫛笥大納言隆朝が創建し、本住院日染が開山です。本山立本寺の末寺ですが、奉行所札書付に「京都立本寺、当地櫛笥寺、両寺一寺と申す」と記されている。朱印寺で、豊臣秀吉は、天正十四年(1586)一石一斗の朱印を寄せ、徳川幕府もこれを引き継ぎました。大阪夏の陣(1615)で焼失したが、元和三年(1617)本堂等を再建しました。
当寺に安置する霊鷲院日審は、母が懐妊中に死亡した後、甕棺の中で出生し、説法にすぐれた高僧となり、安産守護の「かめ日審さま」と慕われ、帰依するもの九万人に及んだといわれ、立本寺の十七世、当寺の八世中興の師となりました。宝永元年(1704)の記録には延成院、久祥院、良圓坊、扇翁坊、の四塔頭の名があり、境内地墓地計千二百三十八坪でした。
昭和二十年(1945)、戦火で全焼の後、昭和四十年(1965)現在の本堂等が再建されました。
【出典:堺市設置案内板】

更新履歴
更新:2014年10月26日 11:48:53 今の櫛笥寺を追記
作成:2014年 8月18日 18:54:25 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻2-01/光明院
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻2-03/虎子石