カレンダー
前月2017年 7月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 5706
昨日 : 8013
今週 : 47658
今月 : 172420
総計 : 1294171
名所図会 巻2-39 道範旧蹟

道範旧蹟だうはんきうせき

舩尾ふなお村にあり。常樂寺じやうらくじといふ。道範だうはんは、髙野山かうやさんぢうし、仁治四年、根来ねごろのことによつて、さん州へ謫遷てきせんせられ、程なく、しやうけ髙野かうやに帰り、大師の影堂を開いて真顔しんがんを拜し、旧屋きうおく寶光院に入。もとは、此舩尾村のさんなれは、時々よりより、こゝに来て住す。生涯しやうがい撰述せんじゆつ書籍しよしやく若干そこはこにして、今、宗徒に用ゆるもの多し。つひに、建長四年五月廿二日、入寂す。

更新履歴
作成:2014年 8月21日 15:57:05 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻2-38/等乃伎神社
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻2-40/千貫橋