カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 14
昨日 : 7456
今週 : 31197
今月 : 157266
総計 : 2066392
名所図会 巻3-20 妙泉寺

妙泉寺めうせんじ

和氣村にあり。日蓮宗。大覺山と称す。暦應二年、大覺大僧正の開創なり。此僧正、妙法を関西くはんさいに弘めんとて、先、四天王寺に詣す。時に、和氣村に、中谷源左衛門尉といふ者ありて、こゝにて、僧正にま見へて、法を受る。其後、僧正、和氣村に来て、滞留たいりう百餘日に及べり。つひに、中氏が慈母、妙泉尼が隠居の地を精舎にいちなみ、妙法をく。故に、師檀したんの名を以て、山号さんがう寺号とせり。日蓮上人自作の尊像一を安置す。これを和氣の髙祖と穪す。深艸元政ふかくさげんせい、ある時、母と共に泉州和氣に詣す。日蓮上人の像を拜して、みづから三願みつのねがひを發す。一には、我かならす出家せん。二には、父母のじゆ長うして、我孝心をつくさん。三には、天台三大部をけみせんと祈り給へば、ことゞとく成就して、天下に名を耀かゞやかし給ふ。

更新履歴
作成:2014年 8月22日 22:15:45 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻3-19/粟神社
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻3-21/俊乘坊重源墓