カレンダー
前月2017年 7月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 5746
昨日 : 8013
今週 : 47698
今月 : 172460
総計 : 1294211
名所図会 巻4-36 金泉山長慶寺

金泉山きんせんさん長慶寺ちやうけいじ


信達したち 御所ごしよ村 長慶寺ちやうけいじ

信達したち御所ごしよ村にあり。真言しんこん古義こぎもと、此地は海會寺かいゑじの一堂也。さいはひ兵火ひやうくはまぬかれてぞんす。

本尊ほんぞん如意輪観音によゐりんくはんをん
行基菩薩の作。みたけ、三寸。閻浮檀金ゑんぶだこん也。むかし、海會宮かいゑくの池の中嶋にあり。今、こゝにうつす。


この漢文は、管理人のサイト編集のスキルもありどうしても上手く表示できないため、返り点などを省略しています。
今後の課題として、管理人のスキルアップの後、返り点などを付して表示したいと思っています。ご了承ください。
[羅山詩集]曰、
元和七年孟夏十九日宿於泉州信達村。  舎主導余倶升観音堂。  堂在小阜之上。  去村三四百歩四望則海山在眼。  葛城之白雲猶余晩櫻之残色金剛山之雲霞緬憶楠氏旌旗之爍。  大坂之百雉和田之一驛亦在莽蒼之中。  淡路浪也疑長鯨之噴氣。  鳴戸霧開也眺退鷁之飛風。  於是上風波不在鳴戸世路嶮難不在葛城。  唯見有観音堂中老僧半閑雲半閑、而吾所謂清時有味是無能者耶。  然今這僧誦観音品。  與夫杜五郎忘失浄名卻輸一著矣。阿呵呵這僧乃繿褸丐人也。  而今被我輩題詠則子美詩中黄四娘。
信達崔嵬石逕斜 海山風景画難加
観音堂裡所何有 一箇野僧持法華 林 道 春

更新履歴
作成:2014年 8月26日 16:14:13 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻4-35/海會宮
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻4-37/御所村