カレンダー
前月2017年 7月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 4744
昨日 : 6831
今週 : 4744
今月 : 186360
総計 : 1308111
名所図会 巻4-56 波太宮

波太宮はたのみや

石田村の南にあり。

八幡宮
相殿に鎮坐す。

鳥取郷の惣社也。波太社は、鳥取氏の祖神、角凝命也。末社にあまの湯河板擧の社あり。八幡宮は、むかし、神宮皇后、新羅しらぎせいして、凱陣がいぢんし給ふ時、務古水門むこのみなとより紀伊國にもうで御舩みふね鳥取ととり玉津たまつつなく。武内宿禰たけうちのすね皇子わうじいたひて海岸に遊ふ。後、其地に社を建て祭る。今、貝掛邑かいかけむら指出杜さしでのもり、其地也。中頃、波太八幡の两社を南山なんさんもとうつして、相殿にあはまつる。神宮寺を神光寺といふ。行教ぎやうけう和尚おしやう開基かいき也。波太神社、延喜式内に入。

更新履歴
作成:2014年 8月30日 11:17:41 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻4-55/八王子社并観音堂
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻4-57/尾崎