カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 14
昨日 : 7456
今週 : 31197
今月 : 157266
総計 : 2066392
名所図会 巻4-58 本願寺御門跡御坊

本願寺ほんぐはんじ御門跡ごもんぜき御坊ごぼう


尾嵜おさき 本願寺ほんぐわんじ御門跡ごもんぜき御坊ごばう

尾崎村おさきむらにあり。はじメは、此地に艸堂さうどうにして、ある時、一老父いちらうふきたりて一夜いちよあかす。よくかへるにおよんで、負来をひきたりいをひをこゝにのこす。其後、これをひらきみるに、内に蓮如れんによ上人御染筆ぜんひつの六字の名号めいがう善導ぜんだう大師だいし釋文しやくもんの一ぢくとうあり。然るに、慶長けいちやう三年、願主桒山くわやま伊賀守いがのかみ家臣かしん石田いしだ次郎左衛門といふもの、真宗しんしうはなはだ帰依きゑし、此地に、あらたに十けん御堂みだう造立ざうりうし、初本尊ほんぞくうつし、本願寺ほんぐはんじ第十二代准如じゆんによ上人に寄附きふせしより、本御門主御懸所かけしよなりいま尾崎おさき御坊ごぼうしやうす。

更新履歴
作成:2014年 8月30日 14:14:44 再構築
プリンタ用画面
友達に伝える
前
名所図会 巻4-57/尾崎
カテゴリートップ
TOP
次
名所図会 巻4-59/善性寺