カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
News News  
Photos Photos  
Blog Blog  
アクセスカウンタ
今日 : 3569
昨日 : 4247
今週 : 38999
今月 : 165068
総計 : 2074194
和泉名所圖會 跋

和泉いづみ名所めいしよ ばつ


和泉名所圖會 跋[全文] 奥附 


和泉名所圖會 跋[前半]


和泉名所圖會 跋[後半]


和泉名所圖會 奥附 

和泉名所圖會 跋
むかし吾國の智恵をはからんとて、もろこしより七曲にわたかまりたる玉をつかはしけるを、神のをしへに任て、蟻にと糸をつらぬきわたしけれは、日本はかしこかりける國とて、おほそれかのゝきけるとなん。其かしこき智恵を教たまふ神の在す國を和泉といふ。人代のはしめ、青雲の白肩の津にて、五瀬命、長髄彦か痛矢串を負給ふ血沼の海なる北の方、堺の浦の桜鯛と詠けんよりはしめ、聖の帝と舎人親王の尊たまふ大鷦鷯の陵、あるは音に聞高師の濱のあた浪も、静に遅々たる春の日の、うりゝかなる澳津のはまの、あかつきかけてほとゝきす啼、信太の杜のうらみ葛の葉の、事しけく千枝にわかるゝ松の葉こしに、月かけ清み、國府のしみつは、氣長足姫命の行幸ありしより、和泉の名こゝにはしまるとかや。久米田の池のうきぬなはも誘ふ水にたゝよひ、佐野の市人さはににきはゝしく、黒崎の松の色は蒼く、礒の波は雪のことく、貝の色は蘇枋にて、五色に今一色そたらぬと、貫之の書たまふ濱つてひ、衣通姫の住給ふ茅渟の館、玉くしけ箱の波風たゝぬ日は、海も鏡と眺め、深日の蘆田鶴、波間の千鳥、汐の満干にゆられ、紀のさかひなる谷川、小島まても、くまなく見めくり、いつみの灘のしら浪もしらて、そこはかとなく鴫のはね掻、書あつめ、あは繪にうつさしめ、かしこくも雲のうへのはしかきを賚ふて、これを和泉名所圖會といふ。嚮に山背、山跡の圖會を梓にし、後より浪速國、凢河内も編集し、於是畿内全てなりけらし。これを郭璞カ傅の山海経、酈道元か水経なとゝ賞せんは、われをなしるなるへし。只烟霞を見るの癖ありて、花の曙に馬かりてうかれありき、雪の夕くれに宿をもとめかねて、空しく筆を藝苑に玩ふと諫られんは、我親友なるべし。
      寛政七歳乙卯霜降月
                      平安 籬島  穐里 湘夕
プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
TOP